宝塚市の名前の由来 . 安倉高塚古墳

宝塚市の名前の由来には諸説ありますが、江戸時代中頃に大阪の地理研究家であった岡田渓志が編纂したとされる地誌「摂陽群談」に記載されていることによります。「摂陽群談」には「旧米谷村に塚があり、この塚のもとで物を拾うと必ず幸せになったため、宝塚と呼ばれていた」とあり、これが地名の由来となったと考えられています。「塚」とは市内に数多く残る古墳のことです。宝塚は古く縄文・弥生時代にさかのぼる昔から人々の営みが続けられてきた土地で、200基を超す古墳などがその歴史を物語っています。
 

www.google.com 

https://www.city.takarazuka.hyogo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/049/847/bunkazaitusin01.pdf 

www.google.com